神奈川県で創業融資を受けたい方必見!3つの方法を解説!

神奈川県で創業融資を受けたい方必見!3つの方法を解説!

これから事業を始める時、新たに資金が必要になる方も多いと思います。

どのくらいの期間で事業が立ち上がるか、予想するのもなかなか難しいものです。

事業が立ち上がるまでの時間を稼ぐ意味でも、できるだけ創業融資を受けておきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、事業を始める時に融資を受けるための3つの方法についてご紹介させて頂きます。

 

創業者でも融資が受けられる3つの方法とは?

 

創業者はまだ事業の実績が無いため、一般の事業者向け融資とは異なったサービスを利用する必要があります。

そこで、創業者でも受けられる3つの方法についてまずご紹介させて頂きます。

 

それが、

①日本政策金融公庫の創業融資

②民間の金融機関と保証協会が連携しての創業融資

③民間の金融機関だけで貸し出す創業融資

の3つです。

 

①から③になるほどに、融資を受けるための難しさが増してきます。

それでは、それぞれの方法について解説していきます。

 

①日本政策金融公庫から受ける創業融資

 

これから事業を起こす方にとって、最も融資が獲得しやすい方法です。

社長個人が借入の保証をしたり、担保を取られたりせずに融資が受けられる、無担保・無保証を原則としており、とてもおすすめです。

当事務所でサポートさせて頂く場合、まず、日本政策金融公庫を最初にお申込み頂くことをおススメしています。

商品の詳しい内容については以下をご覧ください。

日本政策金融公庫

新創業融資制度

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html

 

②民間の金融機関と保証協会が連携しての創業融資

 

民間の金融機関が社長様に貸した融資額について、保証協会が金融機関に対して保証します。

そのため、金融機関に支払う金利と、保証協会に支払う保証料が発生します。

社長個人が借入に対して個人保証を求められることが一般的です。

民間の金融機関は貸し倒れのリスクが軽減できるため、このあと紹介する金融機関独自の融資よりも借りやすくなっています。

ただし、日本政策金融公庫よりも難易度は高くなっています。

民間の金融機関により難易度は様々です。

信用金庫や信用組合など、規模の小さな金融機関の方が、創業融資を積極的に扱う傾向があるためおすすめです。

また、日本政策金融公庫から融資が受けられた場合、それが実績と捉えられ、民間の金融機関から借りやすくなる場合もあります。

もし日本政策金融公庫から融資を受けられたら、民間の金融期間から保証協会付きの融資獲得も同時に検討されることをおすすめします。

借入額が多い場合は、協調融資という、日本政策金融公庫と民間の金融機関が協力し合って融資を出してくれる場合もあります。

 

③民間の金融機関だけで貸し出す創業融資

 

保証協会を利用せずに、民間の金融機関が融資をしてくれる方法です。

社長様の個人保証無く、融資が受けられる場合もあります。

保証料も無いため、その分のコストを削減することができます。

〇〇銀行と呼ばれる地銀ではなく、〇〇信用金庫、〇〇信用組合、といった信用金庫・信用組合などの規模の小さい金融機関の方が融資に積極的な傾向があります。

しかし、この方法がもっとも難易度が高くなります。

①日本政策金融公庫や、②保証協会付きの民間銀行からの融資を、創業者様にはおすすめしております。

 

創業融資を獲得するためのポイント

 

いずれの創業融資にチャレンジするにしても、共通するポイントがありますのでご紹介させて頂きます。

まず1つ目は、「自己資金があった方が融資が受けやすい」ということです。

自己資金というのは、事業を創業するにあたって準備してきた、ご自身の貯金だとご理解ください。

自己資金の銀行口座について、履歴を遡って提出することが求められます。

自己資金を多く見せる「見せ金」は認められていません。

融資申請の直前に大きな入金などがあると、その理由を聞かれたり、指摘されますのでご注意ください。

ご親族から贈与を受けた場合など、正当な理由がある場合は認められることもあります。

しかし、こつこつと貯めた形跡がわかる自己資金の方が、金融機関は安心しますので、なるべく早目から、少しずつ自己資金を為ておきましょう。

 

2つ目は、「創業する事業の経験・ノウハウがあることを説明できると融資が受けやすい」ということです。

例えば、日本政策金融公庫だと、形式上、これから始める事業の経験が6年以上あった方が好ましいと言われます。

実際には、もう少し経験が少なくても、事業を運営するノウハウがあることを説明することができれば借りることができますので、ご安心ください。

もし、経験が全く無い場合は、経験のある方がメンバーにいることや、フランチャイズ等でノウハウを手に入れることができることを説明すれば、融資が受けられる場合もあります。

 

3つ目は、「口頭での説明だけにせず、書面でもわかりやすく伝える」ということです。

窓口をした方だけで、審査が完結することは稀です。

最終承認する上長がいたり、複数人が審査に関わることが一般的です。

その時、審査に関係する全ての方に、あなたの情報が正しく伝わるよう、書面にまとめて提出するようにしましょう。

よく、金融機関所定の資料のみ提出し、あとは口頭で補足する方がいらっしゃいます。

所定の資料に記載できる内容は分量、項目ともに限られていますので、別途、審査にプラスになる内容を書面にまとめて提出することをおすすめしています。

 

まとめ

 

神奈川県で創業融資を受ける場合に、おすすめしたい3つの方法をご紹介させて頂きました。

まずは、最も難易度が低く、無担保無保証で申込める日本政策金融公庫の融資がおすすめです。

そして、もっと融資が欲しい方は、日本政策金融公庫から融資を受けたあと、民間金融機関の保証協会付き融資を受けることをおススメしています。

当事務所では、融資の申請に関するご相談はもちろん、実際に申請する際のサポートも実施しています。

融資は一度落ちてしまうと、一定の期間を空けてしか再申請ができない、まさに一発勝負です。

少しでもご不安な方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。